SSブログ

0067浦霞禅 [酒を飲む]

酒は、まぁ、いける方だと思う。しかし、家では飲まない。飲むと、なんだか呆けてしまうようで、それが嫌なのだ。本を読みながら、のんびりと杯を傾ける様な世界にあこがれるのだが、いざとなると、本は本でしっかり読みたい、などと思ってしまう。ならば寝る前などはとも思うのだが、まわりが羨むほど寝つきがいい方で、もう寝る前はくたくた、本人の感覚では、毎日やっとのことで寝床にたどり着くという具合で、そんな余裕などない。

そんなこんなで、むしろ酒嫌いといっていいほど家では飲まなかった。

しかし、もう少しゆっくりしたい、寝る前30分くらい、のんびりと酒を飲みながら1日を振り返るような時間がほしい。いや、そういう時間を作るべきだ、と思うようになってきた。大袈裟に言えば、人生に疲れてきたからなのかなぁ、などと思っている。

ちょっといい酒をと思いながら、四合瓶を買ってくる。3月頃から始めた、新しい習慣。1本目、2本目は地元のお酒だった。

3本目は、4月に仙台に行ったときに買ってきたもの。「浦霞禅」

0067-01.jpg 0067-02.jpg

仙台の友だちが、宮城県といえばこれでしょうと勧めてくれた1本である。何も詳しく知らなかったが、醸造する株式会社佐浦は、塩竈市本町にある老舗造り酒屋で、なかなかのところらしい。創業は1724(享保9)年、仙台藩主4代目伊達綱村の治世にさかのぼり、290年ほどの歴史がある。

「浦霞禅」は純米吟醸酒で、冷やして飲むのがいいようだ。

すっきりした飲み口で飲みやすかった。それでいて、ほのかな香りがよくて、日本酒をゆっくり楽しむには、いい1本だった。


城めぐりに出ても、買物をすることはほとんどない。たまには買物をして、旅先にお金を落として貢献するのも大切なことだろう。そして各地の地酒を、少しづつ味わっていくのも、楽しいことだろう。

ブログを通じて、記録を残し、ゆっくり味わう習慣を続けていきたい。


 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
0066続いています0068長尾陣屋(大阪府) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます