So-net無料ブログ作成

0946西明寺三重塔(重文) [和塔]

栃木県芳賀郡益子町にある西明寺を訪ねた。ここには、室町時代の和塔がある。

山道を行くが、駐車場もしっかりあるので心配はない。



お寺へは石段を登る。

0946-01.jpg

石段を登り切った左手に三重塔はある。

斜面は石垣が組まれ、段曲輪のようになっていた。その一番上だ。

0946-02.jpg

楼門の左手前になる。

ちなみに三重塔も国の重要文化財だが、この楼門も明応元年(1492年)建立の国の重要文化財になる。

0946-03.jpg

軒先をかすめて見る三重塔は美しい。屋根が大きく、初層などはかなり反っている。屋根は銅板葺だ。三層は三段、一二層は二段になっている。これは珍しい。

0946-04.jpg

案内板が「環境省・栃木県」になっていた。このパターンも珍しいね。

0946-05.jpg

西明寺三重塔

天文7年(1538年)に西明寺城主益子家宗が建立したものと伝えられています。和様、折衷、唐様の三様式の、三間三層造りです。頂部の水煙は独特の形をしており、関東甲信越四大古塔のひとつとして有名です。

環境省・栃木県

------------------------------------------------------------

この説明にある「関東甲信越四大古塔」が気になって調べてみたが、わからなかった。

相輪の水煙が独特の形をしているというので、カメラに収めてみた。私の肉眼ではきっちり確認できなかったが、なるほど、こうしてみると美しいものだ。

0946-06.jpg

これは真裏からの初層の部分。

0946-07.jpg

斜めから見るのも絵になる。

丸木の柱に長押が横から入る。三手先組物の精巧さから垂木が迫ってくる。

0946-08.jpg

二層目といい、三層目といい、美しい。

あれれ、三層目の中央に見えるのはスズメバチの巣だろうか。

0946-09.jpg

軒下の木組もよければ、屋根の重なりも美しい。

西明寺は天平9年(737)行基の草創と伝わる由緒ある古刹であるが、私としてはこの三重塔で充分満足させていただいた。

0946-10.jpg
nice!(69)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 69

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。