So-net無料ブログ作成

1376加塩城(愛知県) [城印象記]

愛知県豊田市(旧旭町)加塩町月ヶ窪の加塩城を紹介します。

より大きな地図で蔓草マップ を表示

1376-01.jpg

頂上に加塩城は位置します。なので、目指す場所はわかりやすいのですが、どこから城へ向かうのか、登城口が悩ましい問題です。林道の大洞線入口から向うことにします。

大洞線にはうっすら雪が積もり、ダート道で、凍り付いています。車輛は進入禁止です。

この入口のすぐ左の登山道を選択しました。

1376-02.jpg

これは尾根道を進み、ピークを越えながら城に迫るルートになります。一気に高度を上げるので息があがります。まずひとつのピークです。

当然のことながら、全く城遺構はありません。

1376-03.jpg

道は特にありませんが、歩きやすいです。ただ、アップダウンがかなりあります。もうひとつピークを越えて、いよいよ主郭に迫ろうかという場所に凹みがありました。

尾根道にしては不自然な凹みです。私は堀切と見ましたが、いかがでしょうか。画像では判定し辛いでしょうが。

1376-04.jpg

ちょっとした平らな尾根を進むと急に坂になります。

1376-05.jpg

そこを登ったところが主郭でした。

主郭はかなり広い削平地です。

1376-06.jpg

ほぼ円形状の主郭で、土塁や切岸などお城的な遺構は見当たりません。

眺望は良さそうですが、現在は木々に囲まれ、見通しはききません。

その奥の方に風神を祀った碑がありました。

1376-07.jpg

北西尾根へ足を伸ばします。一段と低い所に出曲輪の様に削平地があります。

1376-08.jpg

こんな具合で、それらしい雰囲気はあるものの、およそはっきりした城遺構はみられません。しかし。北尾根には堀切があるというので、北尾根経由で下山します。

小さな尾根があると注意して見ているからか、見た瞬間、あっと思いました。

堀切です。

1376-09.jpg

横ななめ下あたりから見た堀切です。わずかなものなのでわかり難いと思います。

それにしても、せっかくの中世遺構に木を入れてしまうとは、と嘆かわしい気分です。なぜこんなことをするのですかね。

1376-10.jpg

その尾根を下って林道に降りました。その林道からの景色です。

林道は後世のものですが、山のラインなど、山城らしい景色でしょうか。

1376-11.jpg

あまり城らしさがなかった加塩城ですが、探索の城めぐりも楽しいものです。

山の中でどうなるかと思いましたが、終わってみれば何のことはありません。帰りは林道をゆっくり下ってきました。ただ途中には、路肩の崩れているところもあります。歩く分には支障はありませんが、やっぱり車両は無理です。

ゆっくり山歩きを楽しんでください。

1376-12.jpg
nice!(49)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 49

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。