So-net無料ブログ作成

0455本が読み切れない

このところ、ちょっとまずいなと思うことがある。それは、全然本が読めてないということである。特に本を読むことがえらいことだとか、大変なこととか思っているわけじゃない。ある意味、読書も趣味のひとつであって、各人の好みで読むも読まないも自由だと思っている。

でも、私の場合、よく考える・よく考えたいという行為を支えるのは、文章を書くことと本を読むことが両輪だと思っている。

(各人、よく考えるための触媒をそれぞれ持っていればいいということだ。)

全然本が読めてないのは、精神的にかなり危ない状況だと思っている。

0455-01.jpg

本自体を手にしないわけじゃない。

10代後半くらいから読書習慣はあって、今も何はなくとも、まず本を手にしている。どちらかと言えば多読派で、平行的に本を読むことも多い。

本買いも、図書館通いも今もずっと続いてはいる。

が、ふと気づくと、いや気付いてはいるはずなんだけど、1冊を読了するのが激減した。昨秋くらいからだろうか。読了本がない月もできてしまった。ちょっと愕然とする。そんな数字的現実が記録されるようになった。

0455-02.jpg

今、読んでいるのは「知的生活習慣」外山滋比古著 (ちくま新書)。

外山さん(三河生まれの人なんですよ)のものは好きで、「知的創造のヒント」「思考の整理」「読書の方法」なんて、面白く読んだ記憶がある。

この本は、最初図書館で借りた。それが、2週間で読み切れず、一旦返し、予約を入れて数週間後に借りたが、また読み切れずと繰り返し、そのことに嫌気がさして、それからAmazonで購入した。で購入したら、変に安心して、また棚で眠りかけようとしていた本だ。

けっして内容がつまらないわけじゃない。わざわざ、そこまでしながら入手した面白い本と思っている。

また、通例だったら新書本など2~3日もあれば、読了できるはずだとも思っている。けっして読みにくい本ではない。

でも、事実は読み切れてない。

0455-03.jpg

忙しいというのは、つい最近のことでもなく、ずっと以前のことからだ。変わったと言えば、生活のバランスくらいか。あとは体力の衰え、気力の衰え、等々。

本を手に寝落ちすることが多くなった。もともと、本を片手に寝てしまうことは、よくあることだったが、特にこの頃はひどい。その結果が、如実に数字に現実に現れた。

ちょっとまずいなぁ、何とか改善できないものか。

好きなことが、結果全くできなくなってしまうようなことは回避したい。

0455-04.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。